金持ちは人もモノも大切にする

お金持ちが肝に銘じているちょっとした習慣

菅原圭『お金持ちが肝に銘じているちょっとした習慣』(河出書房新社、2017年)より

「これまで長くお付き合いを続けてきた成功者たちは、その後も順調にビジネスを伸ばし、さらにお金持ちになっている。中には荒波のような経済変動に巻き込まれて破綻した人もいるが、しばらくすると、再び盛り返し、以前にも増してお金持ちになっている。

 彼らに共通しているのは、お金にキビシイという以上に、人としてきちんとしていて、振る舞いや生活態度などにゆるみやだらしないところが見えないことだ。

 お金持ちだから上等なものを身に着けていたり使っていたりするが、それらをとても大事にしている。同時に、それほど高いものでなくても、その態度は変わらない。

 たとえば、ボールペンを例に取れば、彼らが使っているのは、モンブランなど何万円もするようなものが多いが、それをとても丁寧に、長い年月、いつくしむように使っている。だが、ホテルの備えつけのボールペンを使うようなときも、けっして粗末に扱うようなことはしないのだ。

 こうした行き届いた心遣いはモノに対してだけではなく、人に対するときも変わらない。高名な人や社会的地位の高い人に対する態度も、ホテルのスタッフなどに対する態度も変わりなく、見ていても清々しく、気持ちがいい」(pp.3-4)

 

「豊かな人のほうがマナーを守り、品位ある振る舞いをするという例は、ほかの場合にもよく見られる。

 車の運転もその一つ。運転があまり得意ではない私は、「なるべく高級車の後についたほうがいいよ」と教えられたことがある。高級車に乗っている人のほうが運転が丁寧で安全だから、というのがその理由だ。

 「貧すれば鈍す」という言葉があるが、お金に不自由するようになると、気持ちもすさんできてしまう傾向が見られるのだ」(p.53)

「基本的に仕事と家庭以外の人間関係はいらない」(林修)

林修の仕事原論 (青春新書インテリジェンス)

林修林修の仕事原論:壁を破る37の方法』(青春出版社、2014年)より

(※引用は新書版ではなく単行本から) 

 極論ですが、僕は基本的に仕事と家庭以外の人間関係はいらないと思っています。この二つの関係を強固にしていれば、人生はなんとかなるものです。それ以外の人間関係を大事にしている人は、どちらかがおろそかになっているケースが多い。ひどい場合には両方とも断絶状態で、趣味の仲間や学生時代の友達との馴れ合いが単なる逃げ場になっているケースすらあります。

 

 もっと自分の仕事や家族を大事にすべきです。いい加減な仕事をして、当然、成果も上げられず、家では「お父さん、だらしない」と子どもに嫌われる。にもかかわらず、他のコミュニティに毎週キッチリ参加していて心から楽しいかどうか。やはりどこか「逃避」しているのではありませんか?

 

 家庭と仕事の両方に力を注いだうえで、余力で他のコミュニティに精を出すのなら素敵だと思います。独身者であれば友達はいなくてもいいんですが(少なくとも僕はそう思っています)、恋人をつくることにエネルギーを使いましょう(「そうしているのに、できないんだ!」という声が聞こえてきそうですが、それはそれで大切なことなんです。ぜひ、努力を続けてください)。

 

 恋愛は人間の一番大事な部分。もちろんフラれることもあるでしょうが、それでいいんです。フラれてつらい思いをして、自分を見直すことは大事な経験です。むしろそういう経験を積み重ねないと人生は薄っぺらなものになります。

 

 惰性で仲間とダラダラ会話したりゲームをしたりする時間は極力減らし、その分の時間やお金を異性との恋愛に使う。あえて繰り返しますが、つらいことを避けて、居心地のいい仲間と同じ話をしていても何も変わりません。(pp.154-155)

「女性はあらかじめ応援する人とそうでない人を決めてしまう」(林修)

林修の仕事原論 (青春新書インテリジェンス)

林修林修の仕事原論:壁を破る37の方法』(青春出版社、2014年)より

(※引用は新書版ではなく単行本から)

 そもそも、コミュニケーションは「始まる前に終わっている」というのが僕の持論ですが、女性の場合は特にそれが顕著です。問題が生じたときや協力を頼みたいときになって頭を下げても遅いのです。

 

 つまり、特に女性は、あらかじめ応援する人とそうでない人を決めてしまうのです(最近では男性でもそういう人が増えましたが)。応援しようと思っている人にお願いされたら、張り切ってくれます。

 

 逆に、そうでない人に頼まれた場合には、まずモチベーションが上がらない。当然、結果がうまくいかないことも多いのですが、たとえそうなっても、女性は「頼んだほうが悪い」とさえ思いかねないのです。

 

 だからこそ、周囲の女性との良好な関係を築くべく、日々努力しなければなりません。女性に嫌われたらすべて男が悪い――。悲壮ともいえる覚悟が必要です。

 

 良好な関係さえ築くことができれば、何かあったときに周囲の女性はあたなの力強い応援団になってくれるはずです。そのためには、小さな自分を抑えて、絶えず周囲の満足を考えるような行動をとる必要があります。(pp.77-78)

日本の国会議員が海外の歴史学者200人以上に送った本が逆効果だった理由

歴史戦と思想戦 ――歴史問題の読み解き方 (集英社新書)

山崎雅弘『歴史戦と思想戦―歴史問題の読み解き方』集英社新書、2019年より。

「本書をここまで読まれた方なら、猪口邦子らが海外の「二〇〇人を越える人たち」に送付した二冊の書物が、なぜ受け取った歴史学者やジャーナリストに強い不快感や嫌悪感を覚えさせたのか、その理由がすぐにわかるはずです」(p.240)

「ひとつは、それが自覚的か無自覚かを問わず、「大日本帝国の擁護」という結論から逆算した内容であること。ふたつ目は、それらの書物の書き手が、実証的な作業を重んじる歴史研究の手法を踏まえておらず、何十年も地道に研究を重ねてきた内外の歴史家に何の敬意も払っていないことが、文章の端々から読み取れるからです」(同上)

 

「権威主義国」の特徴と「歴史戦」

歴史戦と思想戦 ――歴史問題の読み解き方 (集英社新書)

山崎雅弘『歴史戦と思想戦―歴史問題の読み解き方』集英社新書、2019年より。

「筆者の認識では、近現代における「権威主義国」に共通する特徴として、以下のようなものが挙げられます。

【1】時の国家指導者の判断は常に正しいと見なす「国家指導者の権威化」

【2】時の国家指導者とそれが君臨する国家体制を「国」と同一視する認識

【3】時の国家指導者に批判的な国民を「国への反逆者」として弾圧する風潮

【4】国内の少数勢力や近隣の特定国を「国を脅かす敵」と見なす危機感の扇動

【5】その国家体制を守るために犠牲になることを「名誉」と定義する価値観

【6】伝統や神話、歴史を恣意的に編纂した「偉大な国家の物語」の共有

【7】司法・警察と大手メディア(新聞・放送)の国家指導者への無条件服従」(pp.120-121)

 

「戦前と戦中の「大日本帝国」の場合、国家体制は右の七項目の条件すべてを満たしていました。その程度は、明治・大正・昭和初期(一九四五年まで)で多少の変動はありましたが、一九三五年の「国体明徴運動」から一九四五年の敗戦までの一〇年間は、とりわけ「権威主義国」に共通する七項目が顕著な国でした」(p.121)

 

産経新聞などが展開する「歴史戦」は、直接的には一九四五年の敗戦で失われた【6】の項目を再び取り戻そうという言論活動と見ることが可能ですが、そこで精力的に発言する論客の言動を観察すれば、ほぼ例外なく、それ以外の六つの項目についても「誇りある国家」に必要な要素として肯定的に評価していることがわかります。

 つまり、「歴史戦」とは、歴史問題についての言論活動であるのと同時に、戦前と戦中の「大日本帝国」と同様の「権威主義国」に、日本を再び戻そうという政治運動の重要な一側面、あるいは一戦線であると読み解くことができます」(pp.121-122)

権威主義的性格と力

自由からの逃走 新版

エーリッヒ・フロム『自由からの逃走』(日高六郎訳)東京創元社、1965年より

※下線・〔〕内は引用者

「〔権威主義的性格の〕注意すべきもっとも重要な特徴は、力にたいする態度である。権威主義的性格にとっては、すべての存在は二つにわかれる。力をもつものと、もたないものと。それが人物の力によろうと、制度の力によろうと、服従への愛、賞賛、準備は、力によって自動的にひきおこされる。力は、その力が守ろうとする価値のゆえにではなく、それが力であるという理由によって、かれを夢中にする。かれの「愛」が力によって自動的にひきおこされるように、無力な人間や制度は自動的にかれの軽蔑をよびおこす。無力な人間をみると、かれを攻撃し、支配し、絶滅したくなる。〔権威主義的とは〕ことなった性格のものは、無力なものを攻撃するという考えにぞっとするが、権威主義的人間は相手が無力になればなるほどいきりたってくる」(p.186)

 

「ナチズムの諸原理にたいしてどんなに反対していようとも、もしかれが孤独であることと、ドイツに属しているという感情をもつことと、どちらか選ばなければならないとすれば、多くのひとびとは後者を選ぶであろう。ナチズムにたいする攻撃はドイツにたいする攻撃であると感ずるので、ナチでない人間でさえも、外国人の批判にたいしては、なおナチズムを擁護するというようなばあいが多くみられる」(p.233)

歴史研究と「歴史戦」の根本的な姿勢の違い

歴史戦と思想戦 ――歴史問題の読み解き方 (集英社新書)

山崎雅弘『歴史戦と思想戦―歴史問題の読み解き方』集英社新書、2019年より。

 「歴史研究とは、過去の出来事について、その全体像を解明するために細部の事実関係を丁寧に検証していくことであり、研究の成果がどんな結論になるのかは、作業を進めている時点では誰も把握していません。あるひとつの新事実の発見により、それまで信じられてきた「こうではないかという仮説」が土台から崩れることも多々あります」(p.70)

 

「言い換えれば、歴史研究が尊重するのは個々の「事実」であって、最終的に導き出される「結論」ではありません。まず「事実」があって、それを適切に配列した結果として導き出されるのが「結論」です」(p.70)

 

「これに対し「歴史戦」は、まず「日本は悪くない」という「結論」を立て、それに合う「事実」だけを集めたり、それに合うように「事実」を歪曲する手法をとっています。先に挙げた井上和彦シンガポールに関する論説は、その実例です。ここで言う「日本」とは、言うまでもなく当時の「大日本帝国」のことで、戦後の「日本国」ではありません」(pp.70-71)

 

「このような根本的な姿勢の違いが存在するので、歴史学の学者と「歴史戦」の論客の間では、ほとんど話が嚙み合うことがありません。ただし、なぜ話が嚙み合わないのかという原因でもある「根本的な姿勢の違い」が明確に認識されることは少ないので、「歴史戦」の論客は、歴史学の学者も自分たちと同じように「勝ち負けを競う論争ゲーム」として、歴史問題を捉えていると理解しているように見受けられます」(p.71)

 

「その結果、自分たちが「歴史戦」の敵だと認識する中国政府や韓国政府の言い分に耳を傾け、主張の一部に同意し、戦争中の「大日本帝国」を批判的に論じる歴史家がいれば、「歴史戦」の論客は「敵に加担する裏切り者」と判断して、これを攻撃します。「勝ち負けを競う論争ゲーム」としての「歴史戦」の世界では、「敵の敵」は「味方」になります(中国共産党政府と対立するチベットウイグルの独立派勢力に対し、「歴史戦」の論客の多くが強い共感を示すのはそれが理由です)が、「敵の味方」をする者は、それが日本人であっても「自分たちの敵」、つまり「反日」になるからです」(p.71)