いま仏教の教義を学ぶことの意義

仏教思想のゼロポイント: 「悟り」とは何か

魚川祐司『仏教思想のゼロポイント:「悟り」とは何か』新潮社、2015年より

「ゴータマ・ブッダの教えは、現代日本人である私たちにとっても、「人間として正しく生きる道」であり得るのかどうか、ということである。

 結論から言えば、そのように彼の教えを解釈することは難しい。何度も繰り返し述べているように、ゴータマ・ブッダの教説は、その目的を達成しようとする者に「労働と生殖の放棄」を要求するものであるが、しかるに生殖は生き物が普遍的に求めるものであるし、労働は人間が社会を形成し、その生存を成り立たせ、関係の中で自己を実現するために不可欠のものであるからだ」(p.35)

 

「現代風にわかりやすく表現すれば、要するにゴータマ・ブッダは、修行者たちに対して「異性とは目も合わせないニートになれ」と求めているわけで、そうしたあり方のことを「人間として正しく生きる道」であると考える現代日本人は、控えめに言っても、さほどに多くはないだろうということである」(p.35)

 

「このようにゴータマ・ブッダの仏教を理解することによって、私はその価値を、貶めようとしているわけではない。むしろ話は全く逆で、彼の仏教を「人間として正しく生きる道」といった理解に回収してしまうことをやめた時に、はじめてその本当の価値は私たちに知られることになるし、また「仏教とは何か」という根本的な問題についても、正しい把握をすることが可能になるというのが、本書の基本的な立場である」(p.37)

 

現代日本の仏教に関する言説の中には、例えばその縁起思想を私たちの知的枠組みにとって都合のいい形に切り取ることで、「仏教は科学的で合理的だ」と評価してみたり、あるいは戒律や慈悲の概念を取り上げて、「仏教の実践をすれば、健全で優しい人になれます」と、その処世術としての有効性を宣伝してみたりするものがしばしば見られる。

 そうした言説が流行するのは、それによって仏教に興味をもったり、あるいは本当に「健全で優しく」なったりする人も存在するがゆえだろうから、そうした理解や評価を全面的に「悪い」ものとして非難するつもりはない。ただ、それはゴータマ・ブッダの仏教に対する適切な評価ではやはりないし、また、その思想のおいしいところを取り逃がし、仏教の危険であると同時に最も魅力的である部分を、隠蔽した理解でもあるとは思う」(pp.37-38)

 

「ここで私たちがしなければならないことは、本人自身も自覚していた、ゴータマ・ブッダのそのような「非人間的」な教の性質を、否定したり隠蔽したりすることではなく、また、「そんな非人間的な教えに意味はない」と、そのまま仏教について忘れてしまうことでもない。大切なことは、「では、そのような『世の流れに逆らう』実践を行ってまで、彼らが目指したことは何だったのか」ということを、私たちが再度徹底的に、考え直してみることである」(p.39)

警察当局の大失態

オウム真理教事件とは何だったのか? 麻原彰晃の正体と封印された闇社会 (PHP新書)

一橋文哉『オウム真理教事件とは何だったのか?』PHP新書、2018年より

山梨県上九一色村の第七サティアン周辺で九四年七月頃から度々、異臭騒ぎが起きていることを知った神奈川県警の捜査員は密かに越境捜査を行い、教団施設の張り込みや内偵捜査を続けた結果、教団が自ら製造工場を設け、サリンを製造しているとの確信を得た。そこで警察庁に報告し、強制捜査に乗り出す構えを見せたが、警察庁からなかなかゴーサインが出なかった。その最大の理由は、松本サリン事件は長野県警が捜査を担当するなど縄張りを調整するのに手間取ったうえ、神奈川県警の管轄圏内には直接、サリンにかかわる事件が起きていなかったことが大きな障害となった。そして、警察庁が神奈川、長野両県警をはじめ、警視庁などとの広域捜査を検討し、連携や調整を図っているうちに、地下鉄サリン事件が発生してしまったのである」(pp.80-81)

 

長野県警は神奈川県警に先立って、警察庁強制捜査の打診を行ったが、警視庁をはじめ他警察本部との縄張り争いや公安警察との確執から許可されず、こちらも調整に手間取るうちに地下鉄サリン事件が起きてしまったという」(p.82)

 

「一方では上九一色村の教団施設を抱え、そこで教団がサリンを製造していたのに何も動けなかった山梨県警。九〇年頃に熊本県波野村(現・阿蘇市)に進出したオウム真理教をいち早く調べていながら、教団武装化の兆候を見落とすなど捜査に後手を踏んだ熊本県警……。これらの県警が警察庁を通して緊密に情報交換していれば、また、警察庁が強力な指導力を発揮して広域捜査に乗り出していれば、地下鉄サリン事件は防げたかも知れないだけに誠に残念でならない」(p.83)

 

「かくして小さな失敗を続け、それらが積み重なって地下鉄サリン事件警察庁長官狙撃事件、村井秀夫暗刺事件という大失態に繋げてしまった警察当局は、麻原を無事逮捕したことで何とか面目を保ったものの、まさに治安維持や事件捜査の組織としては崩壊寸前であったと言わざるを得ないだろう」(p.84)

 

「二〇一八年現在、オウム真理教の後継を名乗る団体が一千六百五十人ほどの信者数とはいえ、今なお麻原彰晃肖像画や書物を掲げて活動を続けているという事実が存在する。地下鉄サリン事件から二十年以上が経ち、オウム事件のことを直接知らない若者も増えている。そうした中で今、オウムの教義が密かに複数の大学構内に浸透しつつある実態を見逃してはいけない」(p.84)

普天間・辺野古 歪められた二〇年

普天間・辺野古 歪められた二〇年 (集英社新書)

宮城大蔵・渡辺豪『普天間辺野古 歪められた二〇年』集英社新書、2016年より

「長年にわたる沖縄の過重な基地の負担を軽減するために、最も危険な普天間基地を返還する。その「決断」がなぜ、辺野古への新基地建設強行へと転じてしまったのか」(p.216)

 

「劇的に演出された一九九六年四月の普天間返還発表時には、「代替施設」は既存の基地内のヘリポートとされ、それと岩国や米本土への分散を組み合わせることによって機能を維持し、普天間の「返還」を可能にするとされていた。しかしヘリポートは時をおかずして本格的な滑走路を持つ巨大施設へと膨れ上がり、突如浮上した「海上施設案」を経て、辺野古沿岸部を大規模に埋め立てる「現行案」に行き着いた。「普天間返還」は、沖縄県内に大規模かつ新たな機能を加えた「新基地」を建設するプロジェクトに変質したのである」(pp.216-217)

 

「地元業者が利益の得られる埋め立てを求めるなど、沖縄の「利権体質」が本来の構想を歪めたとの指摘もある。しかし地元業者にそこまでの力があるだろうか。本来の「返還」を外れて「新基地建設」に膨張した主要因は、我が物顔で過ごせる居心地のよい沖縄に、日本側の負担で新しく高機能な「新基地」を欲した米海兵隊や、海兵隊との同居を嫌う米空軍の組織利益にあると見るのが妥当であろう。それに異議を唱えることなく「国策」として遂行しようとする日本政府に対し、「もらえるものはもらいますよ」とばかりに便乗したのが、利権を求める一部の業界関係者であったという図式である」(p.217)

 

「世に流布するイメージとは異なり、沖縄の海兵隊尖閣防衛に関与する存在ではない。そもそも在沖海兵隊の主力はグアムなどに移駐することがすでに決まっており、沖縄に残るのは司令部と第三一海兵遠征隊(MEU)の約二〇〇〇人で、主な即応任務は有事の際のアメリカ人救出である。これが日本の抑止力に不可欠だというほど、二二万人を超える自衛隊は無力なのであろうか」(p.227)

るり姉

るり姉 (双葉文庫)

椰月美智子『るり姉』双葉文庫、2012年

3年くらい前、生前の母に病床で読んで元気出してもらおうと思って贈った本。結局文庫本一冊読む力も回復できずに母は逝ってしまった。読まれることのなかったこの文庫本は、いま自分の手元にある。

人間の生命力が迸(ほとばし)り出てくるような小説。

「人間が過剰に断定的になるのは、他人の意見を受け売りしているとき」

日本辺境論 (新潮新書)

内田樹『日本辺境論』(新潮新書、2009年)より ※強調は引用者

「今、国政にかかわる問いはほとんどの場合、「イエスかノーか」という政策上の二者択一でしか示されません。「このままでは日本は滅びる」というファナティックな(そしてうんざりするほど定型的な)言説の後に、「私の提案にイエスかノーか」を突きつける。これは国家、国民について深く考えることを放棄する思考停止に他なりません。私たちの国では、国家の機軸、国民生活の根幹にかかわるような決定についてさえ、「これでいいのだ」と言い放つか、「これではダメだ」と言い放つか、どちらかであって、情理を尽くしてその当否を論じるということがほとんどありません」(p.118)

 

「たとえば、私たちのほとんどは、外国の人から、「日本の二十一世紀の東アジア戦略はどうあるべきだと思いますか?」と訊かれても即答することができない。「ロシアとの北方領土返還問題の『おとしどころ』はどのあたりがいいと思いますか?」と訊かれても答えられない。尖閣列島問題にしても、竹島問題にしても、「自分の意見」を訊かれても答えられない。もちろん、どこかの新聞の社説に書かれていたことや、ごひいきの知識人の持論をそのまま引き写しにするくらいのことならできるでしょうけれど、自分の意見は言えない。なぜなら、「そういうこと」を自分自身の問題としては考えたこともないから少なくとも、「そんなこと」について自分の頭で考え、自分の言葉で意見を述べるように準備しておくことが自分の義務であるとは考えていない。「そういうむずかしいこと」は誰かえらい人や頭のいい人が自分の代わりに考えてくれるはずだから、もし意見を徴されたら、それらの意見の中から気に入ったものを採用すればいい、と。そう思っている」(pp.118-119)

 

「そういうときにとっさに口にされる意見は、自分の固有の経験や生活実感の深みから汲みだした意見ではありません。だから、妙にすっきりしていて、断定的なものになる。人が妙に断定的で、すっきりした政治的意見を言い出したら、眉に唾をつけて聞いた方がいい。これは私の経験的確信です。というのは、人間が過剰に断定的になるのは、たいていの場合、他人の意見を受け売りしているときだからです」(p.119)

 

主張するだけで妥協できないのは、それが自分の意見ではないからです」(p.120)

 

「ある論点について、「賛成」にせよ「反対」にせよ、どうして「そういう判断」に立ち至ったのか、自説を形成するに至った自己史的経緯を語れる人とだけしか私たちはネゴシエーションできません。ネゴシエーションできない人」というのは、自説に確信を持っているから「譲らない」のではありません。自説を形成するに至った経緯を言うことができないので「譲れない」のです」(p.121)

鳩山政権の最大の「負の遺産」とは?

普天間・辺野古 歪められた二〇年 (集英社新書)

宮城大蔵、渡辺豪『普天間辺野古 歪められた二〇年』(集英社新書、2016年)より

 「「最低でも県外」に限らず、鳩山が掲げたさまざまな「理想論」そのものが「馬鹿げたこと」だと見なされるような風潮を蔓延させることになったのが、鳩山そして鳩山政権が遺した最大の「負の遺産」となった観がある。しかし鳩山政権への評価とない交ぜになって、「最低でも県外」を「馬鹿げたこと」だと一蹴する風潮は、あくまで日本本土の話であったことに留意しなくてはならない。戦略や政治力の欠如によって混乱を招いたことは別として、鳩山がこだわった「最低でも県外」、すなわち普天間の「代替移設」がなぜ沖縄での「新基地建設」という形にしかならないのか、という疑問は沖縄では至極当然のこととして受け止められた。それを一蹴する本土との「温度差」は、やがて沖縄に対する「差別」だと論じられるようになる」(pp.156-157)

 

 

 

 

「モチロン アイシテル!」

世紀のラブレター (新潮新書)

梯久美子『世紀のラブレター』(新潮新書、2008年)より

「旅先、獄中、そしてもうひとつ、夫婦間で愛の手紙がやりとりされる状況がある。どちらかが病に倒れ、明日をも知れない状態になったときである。病は、夫婦の愛情をあらためて確認するきっかけともなる。病床からの恋文をいくつか引いてみる。最初は、平成十八年七月に亡くなった橋本龍太郎元首相である」(p.134)

 

「モチロン アイシテル!

 ちょっとゆがんだ、跳ねるような文字で、大きくそれだけが書かれている。

 平成十四年二月二十六日夜、橋本は自宅で心臓発作を起こした。運ばれた病院で応急処置を受け、症状が落ちついた二十八日。夫人は酸素マスクやチューブのため喋ることのできない橋本に紙とペンを渡し「何か言いたいことある?」と訊いた。そのとき橋本が書いたのがこの言葉だった」(p.134)

 

「「“愛している”という言葉は、あの人にとっては“こんにちは”みたいなものなんです。しょっちゅう言っていましたから」と久美子夫人。ではぜひ若い頃の甘いラブレターもとお願いし、結婚二年目の頃の手紙を見せてもらった」(pp.134-135)

 

「「こんな手紙を発表してしまっていいのかしら。龍が生きていたら怒られてしまうわね」と夫人。若い頃の手紙は、子供たちの目にふれないよう、たびたび場所を変えて隠していたという。「今回、お見せするために探して、子供たちにもばれちゃった。実はもっとすごいのが沢山あるんですよ。みんな大笑いで、もう、恥ずかしかったわあ」大らかに夫人は笑う。この明るさが、苦境のときも橋本を支えたことは、よく知られている」(pp.135-136)

 

参考サイト:

https://ameblo.jp/koriastay/entry-10657599562.html